製品・ソリューションPRISM CHECKUP(健診システム)

画面紹介

効率的な画面構成

効率的な画面構成

PrismCheckup (健診システム)は、現場に密着して徹底的に使い勝手を検証し、ユーザーが使いやすいと感じる、整理された画面レイアウトを追及したシステムです。
操作に迷わないUIで、少ない手順で作業を行えます。
細部にわたって現場主体の使いやすさを実現しています。

 

結果入力画面

結果入力画面

健診結果を入力する画面では、「身体計測」「尿検査」「尿沈渣」「視機能」「聴力」「食事時間・採血時間」「血圧」「心電図」「呼吸機能」が表示されており、健診コースによって入力が必要な項目のみが赤枠で表示されます。
結果の表示がやや煩雑な入力項目に対しては、短縮入力が可能です。

例:尿検査の入力項目にて、-1→(-) 0→(±) 1→(+) 2→(++) 3→(+++) 4→(++++)
また、測定値等に疑問がある場合で過去に健診を行っている受診者様は、過去の健診結果との比較確認ができます。

問診のOCR取込

問診のOCR取込

受診者様に専用のOCR用問診票にご記入・提出していただき、スキャナーで読み込むことで、問診内容を取り込むことが可能です。
その際、問診票に印字されたバーコードから該当受診者様を自動検知し、健診結果(問診)に自動的に取り込むことができます。

病院様独自の専用OCR帳票

その他病院様独自の専用OCR帳票の場合には、有償にて対応可能ですのでご相談下さい。

エラーチェック機能

エラーチェック機能

結果入力時に、必須入力項目、検査値の上限下限、有効桁数等のエラーチェックが可能です。
エラーチェックの条件はマスタで設定でき、外れ値が入力されるとエラーとなって「エラー」ボタンに件数が表示されます。
「エラー」ボタンを押すと、エラー項目にジャンプします。
「有所見」ボタンを押すと、有所見判定となった項目にジャンプします。

自動判定

自動判定(所見を自動で入力)

結果を入力すると、マスタで設定した条件によって判定や所見等が自動で入力されます。
判定条件は、性別、年齢、採血時間で異なる基準や、 数値範囲(半定量値含む)、文字列一致、選択肢、条件式を設定できます。
条件式を記述することで、既往歴にない特定の病名が入力された場合に 治療中判定にしたり、複数の項目にまたがる複雑な条件を設定することが可能です。

自動判定(指導コメントを自動で入力)

指導コメントも自動で入力されます。

厚労省XMLなど各種届け出をアシスト

厚労省XMLなど各種届け出をアシスト

健診依頼先の団体等に所属の労働基準監督署へ提出する健康診断結果報告書や第3期特定健診情報提供用XMLデータ、北海道コンピュータけんぽCSVを作成出来ます。
また対象の受診者様の健診項目にエラーが無いか事前にチェックすることも可能です。

生活習慣病予防(協会けんぽレポート)

生活習慣病予防(協会けんぽレポート)

協会けんぽの保険者に報告するデータを印刷又はCSV出力することが出来ます。
組織内の「眼底」「肝炎」「乳がん」「子宮頸がん」の対象者の絞り込みが可能です。

ユーザによるマスタ修正管理

ユーザによるマスタ修正管理

施設の運用にジャストフィットするシステムがないとの声から、ユーザー段階で機能を選択出来る拡張性のあるシステムとなっています。
操作方法のパターンをマスター化することにより、マスタ選択だけで施設にフィットする健診システムを実現します。
運用の変化にもマスタ管理で簡単に適応します。

基準値・ランクの設定

判定値マスタによる基準値・ランクの設定

マスタ管理の1つ、健診判定値マスタでは、個々の健診項目に対してランクの範囲を設定します。
推奨する基準値やランクの定義が変わった場合に、このマスタを修正します。
また結果画面や帳票に表示する「基準値」は、このマスタで設定します。
更に自動判定で「所見」および「指導コメント」を設定するグループごとのランクを設定します。

所見欄に表示する文書の作成と編集

判定グループ所見マスタによる所見欄に表示する文書の作成と編集

判定グループ所見マスタでは、判定するグループごとに自動判定結果として結果入力画面の所見欄に表示する文書を設定します。
「正常」等も含めて所見として表示したい任意ランクに設定が可能です。
また、画像診断等は直接テンプレートによる所見入力を行いますが、これらテンプレートに表示する項目を設定することが出来ます。

所見テンプレート

所見入力用テンプレート

画像診断、心電図、眼底検査等は、テンプレートを使用しての所見入力が可能です。
テンプレートから該当する部位や所見を選択します。
選択した所見により、自動的に所見ランクおよび判定が行われます。

ストレスチェック(オプション)

ストレスチェック分析結果1ページ目

当社のストレスチェックシステムは、他の健診コースと同様に1つの健診コースとして取り扱います。
単体での実施や企業健診に合わせて同時に実施対応可能です。
また、団体において全対象者の個人分析が終了後、所属する職場単位の情報分析が可能です。

ストレスチェック分析結果2ページ目

実際のストレスチェックの健診実施内容は、受診者様にストレスチェック用の問診票に記入していただき、データを入力することで、自動的に個人分析及び職場分析を行います。
問診票のデータ入力はOCR取込・CSV取込も可能です。
ストレスチェック23項目または57項目の問診票を準備しております。

PrismPacsとの連携

PrismPacsとの連携

PrismPacsをご使用の場合は、画像診断の作業手順が大幅に少なくなります。
画像診断結果入力の際には、入力画面から連携するPACSを直接呼び出し、画像ビューワで画像診断を行いますが、この時、PrismPacs以外は、当該受診者様の画像を検索する必要があります。
PrismPacsの場合は、当該受診者様の画像が直接選択されて表示されますので、受診者様や画像の検索作業が不要となります。
また、PrismPacsの画像ビューワには健診の所見入力ボタンが設置されています。
「所見なし」ボタンを押すと、健診システムの画像所見に「異常なし」が表示されます。
「所見あり」ボタンを押すと、健診システムで使用している「所見入力画面」が表れます。
このように健診システムに画面を切り替えることなしに、画像所見入力および自動判定が可能となります。

「PRISM CHECKUP(健診システム)」一覧へ