会社案内

INFOMATION

会社理念

PHILOSOPHY

広い視野を持つ

首都圏から離れた北海道という地域は、常に厳しい経済環境にあります。 この地で裾野を広げていき、地域の垣根を超えた業務活動を実施して参ります。


柔軟に対応する

私たちは製品の完成度はもとより、導入後のサポートも重要と考え力を入れております。 顧客のニーズをつかむためには、顧客との対話を常に持つことが不可欠です。小さな要望にも耳を傾け、一つ一つ丁寧な対応を心がけております。


顧客と対話する

顧客のニーズをつかむためには、顧客との対話を常に持つことが不可欠です。 利用者の希望や不満を吸収し、より高い安定性と完成度を持ったシステムの構築を実施して参ります。 そのために弊社は顧客訪問を大切にして参ります。

会社概要

OUTLINE
会社名
株式会社プリズム・メディカル
設立
1997年1月
役員
代表取締役社長 :工藤 克美
資本金
3,000万円
取引銀行
北洋銀行(本店営業部)
北海道銀行(本店営業部)

主な認可

BUSINESS LICENSES
第二種医療機器製造販売許可許可番号:01B2X10004
医療機器製造業登録登録番号:01BZ200020
高度管理医療機器販売業許可札保医許可番号:第8015号

会社沿革

HISTORY
1997年 1月札幌市厚別区を本店とし資本金300万円で有限会社匠デジタル工房設立
2002年 8月資本金1000万円に増資し株式会社匠デジタル工房に組織変更
2005年 5月資本金2200万円に増資
2006年 4月医用画像配信システムを開発、医療機器メーカーへOEM供給を開始
2008年11月株式会社プリズム・メディカルに社名変更
2010年 4月PrismPacs Ver2.0 リリース 改良を継続
2014年11月管理医療機器販売業 届出
2015年 3月第二種医療機器製造販売業 許可証受諾 医薬品医療機器等法 登録
2015年 3月PrismPacs 汎用画像診断ソフトウェア リリース
2015年 6月高度管理医療機器販売業 許可証受諾
2016年 1月本社を北海道札幌市中央区北6条西16丁目1-5 ほくたけビルへ移転
2017年 6月関西支店を開設
2018年 4月本社を北海道札幌市中央区北4条西16丁目1番地 テルウェル札幌 第2ビルへ移転
2019年 9月資本金3000万円に増資

事業内容

CONTENTS
医療ITシステムコンサルタント事業
自社製品の各種カスタマイズサービス
医療施設IT機器の保守・管理
医療システム構築・ソフトウェア開発
ネットワーク接続コンサルタント
提携他社製品の販売・保守事業

開発製品

PRODUCTS
PrismPacs 汎用画像診断ソフトウェア(管理医療機器)
Prism 健診システム 団体健診対応型健康診断業務システム
Prism 予約システム リハビリ等予約業務支援システム
Prism 配車システム タイムラインベース配車送迎管理システム
PrismCapture DICOMゲートウェイ機器
PrismPublisher 医用画像データCD/DVD作成システム
PrismPDI Import 医用画像メディア変換取込システム
PrismLiveShot Android端末用DICOM画像撮影送信機器
PrismMWM 医療機器ワークリストサーバ
PrismQA DICOM画像検像システム
その他の開発製品 地方連携支援システム, 遠隔支援システム, 医学教育用支援システム

アクセス